本文へ移動

お知らせ

スペシャリスト育成委員会【看取り委員会第2回@奥沢】
2019-09-17
東京共済病院 緩和ケア病棟 茅根義和先生
スペシャリスト育成委員会◆9/10 ≪看取り委員会 第2回@奥沢≫
今年度第2回看取り委員会が、奥沢ステーションの2階会議室にて行われました。
今回の講師の先生は2年前にも講義をして頂いた東京共済病院 緩和ケア病棟 茅根義和先生をお招きし、在宅診療に生かす緩和ケアを看取りとACPを中心に講義を行っていただきました。
・緩和ケアとは
・在宅での症状緩和
・看取りのケア
・看取りのケアで重要なこと
・望ましい死
・ACP に関して
という項目での講義でした。
多くの人が死に近付いたとき"QOL(quality of life:生活の質)の向上"望むそうです。
QOLとは人により異なるもので、望ましい死も同様に異なります。
それらの千差万別なものを明確にすることがACP(advance care planning:人生会議)だと思います。
ACPで大切なことは患者、家族の希望、気持ちを病状から可能な複数の選択肢を提示する。
どの選択肢を選んだとしてもその結果に対してちゃんとサポートすることを保証する。
揺らぐ気持ちを尊重して今の結果に至るまでのプロセスを重視し、定期的な見直しを大切にすることと学びました。
茅根先生が医療としての最善とご利用者様にとっての最善が異なることがあることを、熱心になればなるほど見落としてしまいがちとおっしゃっていたことが印象的でした。
看護師、理学療法士、作業療法士、ケアマネジャーの専門知識に加えて今回の講義を念頭に、ご利用者様それぞれにとってより良い在宅療養、看取りケアに寄り添えるようスペシャリストとして日々研鑽しております。
株式会社トータルライフケア
〒158-0083
東京都都世田谷区奥沢3丁目45-6
TEL.03-5754-2868
FAX.03-5754-2878
TOPへ戻る