「青空」

2015.08.06
先月末、今や夏の恒例行事ともなったじゃがいもの収穫体験を兼ねたバーベキューが催行された。山梨県は身延山の麓にある弊社借り受けの畑に職員とその家族、総勢約80名が集まった。
快晴に恵まれた当日、無農薬で育てた6種類のじゃがいも堀り、西瓜割り、ニジマスのつかみ取りと、普段体験できない自然の中での遊びを満喫した。
周囲の山々の壮大な景色、キャンプサイトに流れる沢の水の冷たさ、自然が作り出す飾りのない空間には、そこに行かなければわからない空気が流れる。子供は勿論、大人たちも自然と童心に帰って笑顔が綻ぶのにはそんな「空気感」も手伝っているのではないだろうか。

思い起こすと、弊社が農業体験プロジェクトとして
、じゃがいもの栽培を始めたのは2011年の早春に遡る。
社長のご実家周辺に点在する耕作放棄寸前の畑を何とかできないか・・と考えていた折、職員とともに汗を流して自然に触れるのもいいのでは・・?ということになり、とにかく現地に行ってみたのが始まりだ。以前から何度かご実家にお邪魔していた僕は、当地で採れる野菜の美味しさを知ってはいたが、東京から約150キロ離れた場所で、農業の知識も全くない僕らが簡単にできることではないと思ってもいた。そして、いい加減に初めて、途中で投げ出してしまっては何にもならないとも・・。
しかし、とにかく現地に行ってみた。社長、有坂事務部長、伊藤院長、そして僕の4人にアドバイザーとして社長のご両親と、近所に住む「あっちゃん」の7人でのスタートだった。
しばらく使っていなかった畑に耕運機をかけ、イノシシから作物を守るための柵作りから始めた。初めて耕運機を押してみると、全くうまく耕せなかった。柵作りの「ハツリ」の技術や土寄せ、畝づくりも学んだ。全てが初めての体験だった。
僕らはすぐに、ちょっとでも場面が変わると自分達は何もできないのだ・・・ということを無言で突きつけられた。
アドバイザーの「あっちゃん」からは優しくも厳しいアドバイスが矢継ぎ早に飛んだ。もっとも、山梨弁で半分以上何を言っているのか
理解できなかったが・・・(笑)。
そして、全員がひどい筋肉痛に苦しんだ。やっぱりそう甘いもんじゃない・・・。
そんな中でも僕らはやっぱり「遊び」を忘れてはいなかった。男爵・メイクイーンといった現地で栽培されている王道の品種の他に「インカのめざめ」をはじめとする4種類のじゃがいもを試験的に植えてみたのだ。

暫くして、漸く最初の収穫を迎えた。
果して、じゃがいもは豊作だった。想像以上の収穫に驚き、喜んだ。
紫や黄色のじゃがいもをご利用者様や普段お世話になっている関係先にもお配りし、大変ご好評を頂いた。
そこから5年の間に、僕らは「曙大豆」という特産の枝豆栽培に挑戦し、その大豆を使った味噌作りを覚えた。
西海社長とともに、主力として作業に欠かせない有坂事務部長はもう農業のエキスパートといってもよく、今では「あっちゃん」の言葉を通訳なしで理解するほどになった。

目の前で西瓜割りに興じ、夢中でマスを追いかける
子供達を見ていたら、何とも言えず嬉しくなった。
これまで続けてきた5年間の試みはやはり無駄ではなかったと実感できた瞬間だ。
そして同時に、今日ここに集まってくれた職員とご家族の笑顔がいつまでも続くよう、また頑張っていかなければならないと、思いを新たにした一日だった。





前のページ  < < <   TLC公式ブログ   > >  >  次のページ  
TLC採用ブログ
TLC公式ブログ
トータルライフケア公式Facebook
FUSSMEDIページ
フスメディのFacebook
TLC STUDIOUS 研修会のご案内
TLC STUDIOUSのFacebook
メディア掲載一覧
TLC ACADEMIA 新中野
TLC ACADEMIA新中野
   ベッド20台・大型スクリーン完備 
   医療系セミナーレンタルスペース
詳しくはこちら
TLC AGRI
SICSモビライザー ご注文はこちら